交通事故の満点の解決の方法

大阪_交通事故_弁護士_後遺障害

お問い合せフォーム


病院選びの成功で慰謝料up↑

失敗するとdown↓

100点満点の交通事故解決を目指す上で
一番重要なことをご存じですか?

過失割合?
休業損害?
警察の取り調べ?
保険会社との交渉?

・・・そうですね~、どれも重要です。
重要なのですが、大事なことを一つ忘れていますよ。

それは、病院のことです。

警察よりも、保険会社よりも、一番長く頻繁に訪れる病院のことを忘れてはいけません。
なぜなら、日々カルテに情報が蓄積されていくからです。

病院での出来事は有利なことも不利なことも、カルテに毎日蓄積されていくからです。

また、何気ない一言が不利な扱いを受けることもあり、しかも、そのことに気付きにくいという不運の連鎖を受けることが病院ではあるからです。

つまり、◎満点交通事故解決のためには、病院で失敗しないことが重要です。

病院選びを間違うと・・・

後悔することに・・・

  • 休業損害の根拠が不十分なものになります
  • 治療打ち切りを本来より早く実施されてしまいます
  • 過度な診療(濃厚診療)の被害に遭います
  • 慰謝料の額に最も影響のある後遺障害の等級認定に失敗します

重要なのでもう一度繰り返します。
病院選びを間違うと交通事故解決は失敗します。
失敗を繰り返すのは簡単ですが、挽回するのは大変です。
時には不可能です。

事故から治療終了(症状固定)まで、失敗の積み重ねで終わらせるか、成功の積み重ねで終わらせるか、が運命の分かれ道です。

失敗は法律の力で挽回できるのでは?

無理です…
診断・検査での失敗は、法律の力をもってしても挽回不可能です。

なぜなら、医療は医師の専権事項だからです。
法律でも医療のことには口出しできなくなっているのです。
治療終了(症状固定)までの過ごし方で交渉は決まったようなものなので、弁護士に法律相談をしても医療失敗は法律では挽回不能なのです。

交通事故被害者に立ちはだかる大きな壁

医師・病院の本音
交通事故解決のポイントは病院選びにかかっています。
ここで、医師の立場・性格・態度が大きなハードルとして立ちはだかります。

一般的に、医師は交通事故被害者の患者を敬遠しています。

病院は歓迎してくれても、医師個人は交通事故の患者を嫌がるのが通常です。

酷い場合には、このような悲惨なことも起こっています。
医師から言われた驚き(落胆)の発言
このような医師にあたると、不利な解決が待っているのは明らかです。
早く転院しないと、挽回は不可能でしょう。

病院は交通事故の患者を歓迎しますが、それは、診療点数が高いからです。
病院経営者は歓迎しますが、医師は嫌がります。

病院選びに役立つ重要な視点

ここを押さえておけば大丈夫!

病院をどこにするかを決める際は、次のポイントを押さえて下さい。

  • 後遺障害診断書に前向きな医師にかかること

何もあなたの事故が後遺障害の事故とは言いません。
しかし、後遺障害診断書が、医師にとって最も嫌なことです。
つまり、後遺障害診断書に前向きな医師なら、他のことも大丈夫というわけです。

自力では困難・無理という方へ

大人気 0円相談会

病院紹介あります!

交通事故専門家と、整形外科・脳神経外科・画像診断医の連携で、交通事故被害者の慰謝料UPに欠かせない後遺障害等級認定をトータル且つ強力にサポート!

  • 病院選びの失敗なし
  • 後遺障害の妥協なし
  • 医療面の失敗なし
  • 慰謝料DOWNもなし

病院選びの不安にお応えします。

失敗の不安にお応えします。
早めにご相談ください。

医師の協力が引き出せないまま交通事故解決を迎えるのは泣き寝入りです。
医師選びでお困りの方や、自力では難しいという方のために医師とチームでサポートします。
協力医の診察を受け、本来得られるはずの慰謝料を得てください。そのためのサポートサービスです。

早めのご相談をお勧めします。

サポートサービスについて

重要!
病院失敗=慰謝料ダウン

笑顔で交通事故解決が迎えられるよう、法律と医療に詳しい当事務所が、整形外科・脳神経外科・画像診断医と連携し、後遺障害等級の認定をトータルサポートします。

  • もう、病院選びの失敗なし
  • もう、不利な解決なし
  • もう、病院で四苦八苦なし

法律のことから医療のことまで全て解決です。

具体的で分かりやすい実例紹介!

椎間板ヘルニアで12級13号(異議申立)へ
非該当から12級13号(異議申立)
14級から8級へ!


お気軽にご相談下さい

 交通事故と言うと、法律知識が必要という印象があるかも知れません。
あるいは交渉力が必要という印象があるかも知れません。
しかし実は法律知識も交渉力もさほど必要ではありません。
保険会社が保険金を支払う基準は法律知識や交渉力にはないからです。
保険金項目の代表的なものとして、治療費・休業損害・慰謝料・逸失利益があります。
これらの支払基準は、一番長く関わることになる病院での出来事が影響するようになっています(ここには、通院一回につき8,400円がもらえるといった以上の意味合いが込められています)。
そして、病院はどこも同じではありません。
病院選びを誤ると、慰謝料をはじめとする示談金の総額は減ってしまいます。

親身な医師もまた、誤りであることがあります

たとえ医師が親身であったとしても、主観的な診断書しか書かない医師であれば、その病院選びは誤りであると言えます。
診断書は感想文ではありません。
しかし、そういう診断書を書く医師も実際にはいるのです。
注意が必要です。

信頼できる病院紹介を行っています

信頼できる病院,とは?私たちが提供している「信頼できる」病院紹介とは、「客観性の高い診断書を書いてくれる病院紹介」のことです。
保険会社の支払基準を満たすための診断書を入手できる病院紹介です。
交通事故被害者が保険会社に堂々と主張できるようになる病院です。
そのために診察や検査の実施を行ってくれる病院紹介です。
診断書の内容は客観性が高くなくてはいけません。
そうでなければ支払基準を満たしません。
医師の主観だけで書かれた感想文ではいけないのです。

昔の常識に惑わされないで!

 約20年くらい前まで真しやかに言われてきたことですが、「2年間、痛くなくとも痛いと言い続けておけば後遺障害等級として12級が認定される。」と言われていました。
そして「賠償金額は1,000万円を超える。」ということが言われていました。
これは単なる噂話ではありません。実際にそういう時代もあったようです。
保険会社に勤めていた人を含め、複数から証言を得て確認しました。
しかし、今やあり得ない話しです。
2年3年と通い続けても12級になるとは限りません。
1年でも認定されるときはされます。
つまり、期間は無関係です。
いまだに昔の常識にとらわれ通院を引き延ばそうとする人がいます。
しかし、それは無意味なのでやめて下さい。

今交通事故被害者に必要とされることとは?

 2年間痛い痛いと言い続けることは、今では必要とされていません。
20年前と今では状況が違います。
医療技術は格段に進歩しました。
痛みは本人にしか分からないのは確かですが、痛みの原因があるかどうかは20年前よりも今の方が分かるようなってきました。
今では最も低い後遺障害等級である14級でも検査結果が求められます。
今では検査結果が必要とされるようになりました。

主治医は敵?それとも味方?交通事故被害者のかかえるジレンマ

ジレンマとして被害者には乗り越えなければならない壁あります。
保険会社は検査結果を重視します。
被害者にとって欠かすことのできない重要な要素です。
一方、実際に診察にあたる医師らは「問診を重視する」と言っています。

医師は問診を重視すると言います。
一方、保険会社は検査を重視しています。
この食い違いの間に立たされた被害者が苦労を強いられます。

検査を参考にしつつも、大切なのは問診であると医師は言います。
なぜなら、検査は万能ではなく、原因の分からない痛みはいくらでもあるからです。
検査結果だけを信じると誤診を招くおそれがあるからです。
また、問診を丁寧に行うことで検査以上に痛みを理解できると考えているからです。

保険会社は「検査結果がないから認めない。」と言います。

そこで、患者は板挟みにあいます。
医師は「検査が必要ない」といい、保険会社は「検査結果がないなら認めない」と。
検査で分からないことは山ほどあります。
一つの検査で分からないことがあれば、いくつもの検査によって総合的に原因を解明する必要が生じます。
これこそ、医師にとっての手間は膨大となり、医師の機嫌を損ねてしまうかも知れません。
かといって、それをしてもらわなければ保険会社の支払基準を満たすことは出来ません。
問診こそ大事だと考えている医師に客観的な検査を実施するようお願いする。
医師の機嫌もそこねない。
そんな難しい事態を乗り越えることが被害者には求められています。

今交通事故被害者に必要とされる「信頼できる病院紹介」をご提供します

当事務所では、客観的な医学的証拠を得るためのサポートを得意としています。
また、それだけを専門としています。
交渉力や法律知識だけではできないことをしています。
私たちは交渉力を養うことも、法律知識の勉強も必要とは考えておりません。
交通事故の解決には、口達者であることはむしろ逆効果です。
それに頼って失敗した被害者を何人も見てきました。
必要なのは、医学的な証拠固めです。
保険会社の支払基準を満たすことです。
堅実で無理のない方法で交通事故被害者をサポートすることをお約束します。

当事務所の特徴とメリット

医師の協力が得られるよう、この道10年の専門家が、プロの目で厳選した交通事故でも公平に診てくれる病院を紹介します。
診察では、客観性を重視します。
医療面の裏付けがとれるので、無理な交渉をせずに済みます。

保険会社に強く言えない人や、肝心なことを人前では遠慮してし言えなくなる、といった人でも、検査結果という証拠を手に入れることで保険会社に堂々と対抗できるようになります。
正々堂々と、それでいて静かに保険会社に対抗できるサポートを提供します。
保険会社から悔しい思いをさせられたとしても、医学的な裏付けがあれば解消できます。
そして、身体の異常を正確に把握できるようにもなります。

気苦労の多い、医師との会話からも解放されます。
医師の協力は欲しいけれど、医師との会話が苦手、あるいは、転院をしたいがリスクが心配、という方にお勧めです。
サポートによって解消出来ます。

お金のことだけではなく、交通事故被害者に特有な不安・憂鬱の解消に役立てて頂けます。
約6ヶ月にわたる長期的なお付き合いで、当事務所の問題解決力をすべて提供します。
あなたの解決には、まだ伸びしろがあるはずです。

ジコナビアイコン地域密着
京都、および、大阪の交通事故被害者に、大きな安心と利益をも提供します。
もし遠方にお住まいでも、京都・大阪に通院できる方であれば大丈夫です。

お問い合せ

早い対処が良い解決につながります。

全ての方に良い解決を。
そのための病院紹介付きサポート。
まずはお気軽に無料相談をご利用下さい。

大阪で交通事故に強い弁護士をお探しの方へ

ジコナビは、交通事故初回無料相談を行っております。
ジコナビは、交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪市周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。