病院の医者からジコナビを紹介された皆様へ

大阪_交通事故_弁護士_後遺障害

医者からのご紹介が増加

「こんな弁護士がいるから相談してみては。」と病院の先生から紹介された皆様へ。
最近、このような紹介が増えています。

交通事故の患者に対する医師の本音

なぜ医師は患者に弁護士を相談するのでしょうか?
紹介してくださった先生にヒアリングを行いました。

そもそもお医者さんも悩んでいます。

交通事故の患者に対して、どのように接するべきかに苦慮しているそうです。
医師にとっては、賠償のこと、保険会社の対応など法律に関することは良く分からないからです。

特に、大病院に勤める勤務医は多忙を極め、仕事量の多いことから交通事故患者と十分なコミュニケーションをとることも出来ません。

かといって、交通事故に遭って辛い思いをしている患者さんを目の前にして何もしてあげないというのも心苦しいとのことです。

なかには、冷たい態度で診察を続ける先生もいれば、「来なくていい」と突き放す医師もいるようです。

そんな中、どうにかしたいと思う医師の中に、答え求めてインターネットを検索し、私たちのサイトに目がとまる先生がいます。
おそらく、ご紹介下さった先生もそんな一人だと思います。

これまでにご紹介下さったことのある医師の所属病院

(平成23年9月時点)

  • 大阪市住吉区にある救急指定病院・脳神経外科Dr
  • 東大阪市にある救急指定病院・整形外科Dr
  • 和歌山市にある救急指定病院・脳神経外科Dr
  • 大阪市鶴見区にある整形外科Dr
  • 京都市伏見区にある整形外科・内科Dr
  • 大津市にある精神科Dr

医師の本音

面識のある医師から、私たちの「病院紹介」に期待する理由を聞いてきました。

  • 「交通事故でも厭わず診てくれる病院があるのは助かる。」
  • 「交通事故は書類が多くて大変。」
  • 「勤務医は多忙で、時間にも気持ちにも余裕がない。」
  • 「(急性期病院の場合、)病院にとっても患者にとっても早期転院が適している。居座られるのは病院にとっても患者にとってもよいことではない」
  • 「交通事故は自由診療でもうかると思われているが、それは間違いと知って欲しい。」

安心してご相談ください

病院の先生から、こちらのサイトを紹介された皆様へ。
安心してご相談下さい。
また、紹介されたということは、その先生は転院を勧めているという意味です。
それが正しいかどうかは議論の余地はあるものの、少なくとも、そう思っている医師の下に通い続けることは、よき解決のためにはなりません。
スムーズな転院と、今後のよき解決に向けて、ご依頼をお勧めします。
転院先の病院はこちらでご紹介します。

大阪で交通事故に強い弁護士をお探しの方へ

ジコナビは、交通事故初回無料相談を行っております。
ジコナビは、交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪市周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。
トップページへ戻る