【警察官取調編】 実況見分に立ち会う場合の注意点

大阪_交通事故_弁護士_相談

実況見分に立ち会う際の注意点

交通事故が発生すると、現場に警察官が到着し、すぐに実況見分が行われることが少なくありません。

事故現場の道路や運転車両の状況、被害の状況などを警察官が調書に記入します。
実況見分調書は通常、調書部分、図面部分、写真部分に分かれています。
実況見分調書は原則として、加害者・被害者の両当事者を立ち合わせて行うものですが、
被害者は病院に運ばれている場合が多く、目撃者などを立ち会わせることもあります。

目撃者が居ない場合は、加害者だけの立会いとなることも少なくありません。

再度の実況見分が必要と判断されれば、後日、2回目の実況見分が行われる事もあります。
重傷を負った場合には、被害者が実況見分に立ち会える場合は少ないと思いますが、
立ち会う際には、
「事故の起こる前から直後までの状況をできるだけ細かく正確に話すること」
また、わからないことは「わかりません」覚えていないことは「覚えていません」
とはっきり言う事が大事です。

警察官から、「こうだったんじゃないですか?」と言われて、「そうだったかもしれません」
などとあいまいな言い方は決してしないことです。
そういう言い方をすると、「かもしれない」ではなく、「そうだった」と決め付けられて記録され、
後々、不利益になる場合もありますので、くれぐれも注意してください。

近年ドライブレコーダーが普及してきています。
ドライブレコーダーが、決定的な証拠になることもありますので、相手の車にドライブレコーダーが掲載されていないかも確認しておくと良いでしょう。
特に、時間が経過すると録画が自動的に消えることもありますので、事故状況が映ったドライブレコーダーがある場合には早期に保存しておいてください。

大阪で交通事故に強い弁護士をお探しの方へ

交通事故の被害者は、警察の対応、保険会社の対応、場合によっては加害者の対応など様々な対応を強いられ、間違った対応をすると後々自分が不利になることも少なくありません。

ジコナビは、交通事故無料法律相談を行っております。
交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポート致します。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする