後遺障害の認定には検査が必要不可欠

大阪_交通事故_後遺障害_弁護士

必要な検査は誰も教えてくれない

例えば、頭部外傷後の後遺症の認定では、必要な検査を受けていなくても認定は進んでしまいます。

その他の後遺障害についても同様です。

「この検査が必要ですよ。」とは誰も教えてくれません。

後遺障害の認定を保険会社任せにしないようにして下さい。

保険会社に任せっきりでいると、必要な検査が受けられないまま後遺障害が決められてしまうケースが殆どです。

後遺障害の認定は書面審査ですので、必要な検査を行い、異常があることを証明する必要があります。
医者は、目の前の患者を診ていることから、検査をしても結果が分かっていると判断した場合、患者に負担をかけてまで検査をしません。
しかし、後遺障害の認定する際には、検査結果がないと、異常があることを証明出来ていないと判断されます。

被害者が自分で証明する

もし手を抜くと、ありのままを認定してもらうことができなくなります。

認定制度の問題点の一つなのですが、実際にそのような仕組みになっている以上は文句を言っても始まりません。

被害者自身が頑張らなくてはならないのです。

「初めてだった」は通用しません

「初めてのことで、詳しいことはよく分からない。」というのはよく分かります。

だからといって人任せでは上手くいかないのが交通事故の後遺障害です。

保険会社に任せっきりにしていると泣き寝入りしか待っていません。

医師任せも注意が必要

本来、医師の仕事は治すことであって、後遺障害の証明ではありません。

後遺障害診断書は医師しか書くことが出来ませんが、
医師にとっては、後遺障害診断書を書くことだけが仕事ではありません。

医師は、後遺障害診断書の記載方法を教えて貰う機会はありません。
書き方を知らない医者が多いのが実態です。

「どうして被害者なのに頑張らなくてはならないの。」と思われるかも知れませんが、

これが現実なので、
泣き寝入りをしたくなければ気持ちを切り替え、
頑張っていただきたいと思います。

大阪で交通事故に強い弁護士をお探しの方へ

交通事故で高次脳機能障害の可能性がある場合、後遺障害の等級申請には特別な検査が必要ですので、
ジコナビでは、国立大学病院で高次脳機能障害を専門的に研究している医師を紹介し、専門医のもとで検査を受けて頂きます。
ジコナビでは、整形外科をご紹介し、交通事故直後から交通事故に強い医者のもとで治療を受けて頂くことが可能です。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪周辺で交通事故に遭われた方は交通事故後早期にジコナビにご相談下さい。