靭帯損傷で非該当から12級13号(異議申立)

大阪_後遺障害_交通事故_弁護士

異議申立のポイントは後遺障害診断書

交通事故で、同じケガを負っても後遺障害の等級は、大きく異なります。
後遺障害の認定及び異議申立のポイントは、後遺障害診断書の中身です。
自覚症状が多く記載するよりポイントを押さえた記載をすることが重要なのです。
MRIの結果も重要なポイントの一つです
MRIの結果、靱帯の肥大が確認できた場合は、その事実を記載することで、重要なポイントの一つを押さえることが出来ます。

異議申立の準備

必要な検査・診察の手配を実施し、後遺障害診断書を仕上げることが重要です。
靱帯損傷の場合は、動揺性の検査は必須です。
後遺障害の等級12級13号を目指すなら、上記の検査等を行って初めて異議申立を行う意味があります。
異議申立はポイントをおさえた後遺障害診断書を作成して貰うことで、成功率が格段に上がります

大阪で交通事故に強い弁護士をお探しの方へ

ジコナビは、交通事故初回無料相談を行っております。
ジコナビは、交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。
トップページへ戻る