交通事故の異議申立のポイント

大阪_交通事故_後遺障害_弁護士

異議申立のポイントは「新たな医証」

異議申立ては、医証なくしては認められないと言っても過言ではありません。
すくなくとも、
新たな医証を入手すること
質の高い医証を入手すること
が必要不可欠です。

これらが揃えば、異議申立は格段に通りやすくなります。
※医証とは、医師の診断書や検査結果のことを指します。

新たな医証のない異議申立ではダメ!

仕事上の支障や日常生活の不便を書き連ねただけの異議申立書では異議申立はあまり上手くいきません。
それではただ本人が言いたいことを言っているだけの文章になってしまいます。

異議申立は失敗を重ねるたびに難しくなってしまいます

時間は後戻りしてくれません。
異議申立をするたびに、何か失敗を犯します。その失敗の積み重ねが次の異議申立を難しくします。
異議申立を成功させたいなら、最初から失敗のない方法で臨むべきです。

支障を証明できる医証があれば異議申立は通りやすくなります

質の高い医証とは、医学的証拠の詰め込まれた診断書

新たな医証が手に入っても、その質が悪ければ異議申立の成功率は上がりません。
質の善し悪しは、医学的証拠がどの程度詰め込まれているかです。
大した医学的証拠もなく、ただ単に医師の主観で書かれた診断書では良い診断書とは言えません。
良い診断書とは、客観的な検査結果が詰め込まれた診断書です。
客観性の高さを確保することが重要です。

まとめ

  • 仕事や日常生活の困り事を書くだけの異議申立書は良くありません
  • 異議申立は失敗を重ねるたびに難しくなってしまいます
  • 異議申立は「新たな医証」で通りやすくなります
  • 「新たな医証」は仕事や日常生活の困り事を証明するものでなければなりません
  • 「新たな医証」は後遺障害等級の認定基準に沿った内容である必要があります

大阪で交通事故に強い弁護士をお探しの方へ

ジコナビでは、出来る限り客観的な検査結果を揃えてから、後遺障害の等級申請を行うことを心掛けております。
状況によっては、適切な検査を行うことが出来る医師を紹介し、その医師の元で検査を受けて貰ってから後遺障害の等級申請を行うこともあります。
不満な等級が認定されてから挽回することは困難ですので、後遺障害の等級申請について不安をお持ちの方は一度ジコナビにご相談ください。

ジコナビは、交通事故初回無料相談を行っております。
ジコナビは、交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪市周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。
トップページへ戻る