交通事故における保険会社への対応

大阪_交通事故_後遺障害_弁護士

交通事故における保険会社への対応

保険会社の、言葉だけはでも丁寧に対応した方が良いです。
まるで悪人を扱うかのような言い回しに、悔しい思いをしている方へも多いかと思います。

保険会社の担当者が手に負えないと判断した場合には、弁護士が、保険会社の窓口となります。
最悪の場合、交通事故の被害者であるにもかかわらず、訴えられることもあります。

自分の首を自分で絞めている交通事故の被害者の方を多く見受けますので、何が自分にとって得策かを冷静に判断することが必要です。

医者の協力が必要不可欠

保険会社の担当者には間違ったことを平気で言う担当者もいます。
保険会社の担当者の対応が明らかに間違っている場合には正々堂々と抗議しましょう。

保険会社の担当者が、「主治医に聞いたところ、主治医の先生は、もう治療は必要ないと言っている」などと言うことがあります。
しかし、保険会社の担当者が全くの虚偽を言っていることが往々にしてあります。
医師に確認したところ、医師が「そのようなことは言っていない。」と言うことから、保険会社の担当者に確認したところ、虚偽であったということを私は何度も経験しています。

もっとも、正々堂々と反論するためには医師の協力が必要不可欠です。
交通事故の被害者にとっては、医師との信頼関係が非常に大切なのです。

ジコナビにおいては、信頼できる医師を紹介しております。

客観性の高い診断

交通事故においては、適切な時期に、適切な検査を行わないと不利になることがあります。
ジコナビでは、信頼できる医師のもとで、客観性の高い診断結果が得られるよう検査の手配等のサポートを行います。
医師の主観に頼らない客観的な検査結果を提示し、保険会社と交渉を進めることが重要です。

医師との会話

医師との会話が苦手でも大丈夫です。
弁護士が間に入って医師との打ち合わせを行いますので、医師との会話で疲れを感じることはありません。

大阪で交通事故に強い弁護士をお探しの方へ

ジコナビは、交通事故無料法律相談を行っております。
交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポート致します。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。