交通事故では後遺障害の等級が重要

大阪_交通事故_後遺障害_弁護士

交通事故で重要な後遺障害の等級について

Aさんは追突事故で頸椎捻挫を受傷されましたが、後遺障害の認定を受けることなく保険会社から示談の金額提示を受けました。
そこには事故のケガの影響で仕事を休まなければならなかった日数の半分しか休業損害を認められていませんでした。
後遺障害等級がつかなければ、いつまで治療する必要があったかについて見解の相違を抱えたまま示談に臨むことになるので、傷害部分の通院慰謝料や休業損害の補償といった基本的な部分もなかなか希望通りには進まないのです。
Aさんの場合このまま保険会社と交渉しても金額がアップする可能性はほとんどありません。

後遺障害の等級が認定されると、一番低い等級である14級であっても一般的に200万円程度の賠償金の支払いがなされます。
交通事故で納得のいく解決をするためには後遺障害の等級認定は避けては通れません。

大阪で交通事故に強い弁護士をお探しの方へ

ジコナビは、交通事故無料法律相談を行っております。
交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポート致します。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。