交通事故に遭ったが、後遺障害の等級が認定されない!

交通事故_後遺障害_不満_弁護士_大阪

後遺障害が認定がされない理由は?

交通事故で障害が残ったからと言って当然のごとく後遺障害等級が認定される「わけではない」!
例えば、交通事故で「外傷性頚部脊髄症」と診断され、
四肢に麻痺や感覚障害が出たことから、車いすに乗ることを余儀なくされ、障害者手帳の交付も受けていたとしても、
MRI画像所見で圧迫所見や輝度変化がない、
初期に腱反射正常であって、
病的反射もない
と後遺障害診断書に記載されると、交通事故と障害の因果関係が不明であることを理由に、後遺障害等級は非該当とされることがあります。
障害が残ったこと=後遺障害の等級が認定されるということではないのが現実です。
後遺障害の認定を受けるためには適切な時期に適切な検査を受ける必要があります。
痛みが残っているのだから後遺障害が認定されるだろうと考えていると取り返しのつかない事態に陥ることもありますので注意してください。

大阪で交通事故に強い弁護士をお探しの方へ

ジコナビは、交通事故無料法律相談を行っております。
交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポート致します。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。